« 人から嫌われやすい、または上司から怒られやすい人の為の講座 | トップページ | 写真撮影 »

2016年11月16日 (水)

遺言

祖母が入院したというので、見舞いに石川県へ帰省して来た。

熱が下がらないので、誤飲から肺炎を起こしているのではないかという話だった。また、そのまま心不全を起こしているのではないかという話でもあった。

元々、認知症だったで曖昧だったのだが、今年の初めに脳梗塞で倒れたのがトドメとなった。それまでも、Who are you?だったのが、最早、Who am I? である。

体を見て来たのだが、むしろ、つかえがない様な感じがする。力んでいるうちは、まだ良いのだが、その力もない。

60代の脳梗塞の方がいらして、施術をしたら、クララが立ったみたいなことがある。病気よりも、結局は本人の体力が問題なのだ。

病院側からは胃瘻を薦められているのだが、どうだろうね。もし自分が同じ立場だったら、もう胃瘻はいい、ほっておいてくれと思うのだが、なにせ本人の意志確認が出来ない。

本来であれば、本人の希望と生命倫理によって、選択が別れるところだ。高齢化社会では、生前に意志を家族に伝えておいた方が良いし、出来るなら、植物状態や胃瘻についての判断を文書にしておいた方が良い。

« 人から嫌われやすい、または上司から怒られやすい人の為の講座 | トップページ | 写真撮影 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1042886/68451916

この記事へのトラックバック一覧です: 遺言:

« 人から嫌われやすい、または上司から怒られやすい人の為の講座 | トップページ | 写真撮影 »