« チキンごろごろカレー | トップページ | 体を割る »

2017年7月 2日 (日)

体の連動

折れていた肋骨もすっかり良くなった。クシャミをすると痛かったのだが、もう盛大にやっても大丈夫。

肋骨の位置を直してから、ずっと活元運動をしていた。やたらに首が動くのだが、その度に痛みはなくなっていった。体の回復していくメカニズムとして、おもしろかった。

施術でも同様のプロセスになる。外傷でも、傷めた部位を直接にやるよりも、他からアクセスをした方が結果が出やすい。これは手技を仕事にでもしていないと、理解の難しい体のメカニズムだろう。

昨日も膝を強打して歩行困難になった方がいらしていたけれど、お腹をずっと押さえていた。膝はやらない。帰りには杖を使わなくとも歩ける様になっていたけれど、そんなものだ。

ボディワークの世界では、体は繋がっているという言い廻しをよくするけれど、それはただの慣用句ではなくて、非常に具体的なもの。

先日の教室では、肩甲骨と目の関係をテーマにした。焦点を合わせる時には、眼球と一緒に肩甲骨が動く。例えば、寄り目にするのが苦手という人がいたら、両肩甲骨を寄せるのも苦手なはず。

だから、やたらに疲れ目になりやすい人は、肩甲骨の自由度を高めると、かなりマシになる。

« チキンごろごろカレー | トップページ | 体を割る »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1042886/71028098

この記事へのトラックバック一覧です: 体の連動:

« チキンごろごろカレー | トップページ | 体を割る »