« 三段論法 | トップページ | 生活習慣病 »

2017年8月28日 (月)

狼中年

物体は固体、液体、気体の三種類。

先日のダイエット講座。参加者の方に人体はそのどれだと思いますか?とお尋ねしたところ、そのどれでもあると満点の回答があった。

そうなのだ。骨や筋肉は固体、血液は液体、ガス交換は気体。

そして、固体よりも液体、液体よりも気体の方が、物体として変化がしやすい。講座は、固まった体をほぐして流れを良くして、呼吸法で痩せるという構成だった。

大分、痩せたので、体が軽い。しょっちゅうそんなことを言っているので、狼中年なのだが、空手の稽古に出掛ける度にダイエットを止めていた。

痩せた状態で突かれると、やたらに痛いのだ。それでまた体重を増やしてということを繰り返していた。

それにも飽きたので、体重が落ちても、威力の落ちない体の使い方を研究した。しばらく前に、腹を突かれても大丈夫だったので、思い切って体を絞ることにした。変なゴツさはなくなった、はず。

« 三段論法 | トップページ | 生活習慣病 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1042886/71548527

この記事へのトラックバック一覧です: 狼中年:

« 三段論法 | トップページ | 生活習慣病 »