« ワールド・ウォーZ | トップページ | 頭のダイエット »

2017年9月30日 (土)

先生稼業

木曜日の研究会。生徒を見ていて、上手になったものだなあと感心した。まあ、何年もやっている人達だ。見ていて、楽しくなった。

みんな身体の立体感を掴むのに苦労する様だ。跨ぎの型をしても、平面的に動いてしまう。足首と膝、股関節を連動させて、その力を上手い事、親指に伝える訓練が要る。とにかく練習、練習、練習。1万時間の壁とは、よく言ったもの。

まずは、身体の重さ、固さ、柔らかさ、呼吸、人の身体に触れる経験などそうはないから、それに慣れて頂きたいところ。ただし、スレてはいけない。たまにプロに教える機会に感じるけれど、かえって雑な人も目につく。自分も気を付けたい。

また、頑固職人になるなとも口を酸っぱくする。整体を勉強したいなんていうのは、不器用な人が多いのだが、それをアイデンティティーにするならご勝手にという感じ。ただ、飢えることになるがね。そういう人を沢山知ってる。

分かってくれないと、世をスネてどうする。素晴らしいものがあるのなら、相手にちゃんと伝えないと勿体ない。

ついでに、心情的にはサロンも止めたい。知人・友人の間で金銭をやり取りし合うのも良いけれど、それは他人からのジャッジを怖がっているからであって、端から勝負を捨てている。それは男性版が頑固職人だとしたら、サロンは女性版の変奏に過ぎない。男のプライド、女の見栄、そのどちらも邪魔。

仕事のスタイルを伝えるのも難しい。特に、自分はそれが下手。サラッとやって見せるのだが、そう見せているだけなので、難しいことが分からないらしい。近頃、それを反省する。舐めて、ものにならない人も多かった。相手の為に、厳しくするべきだったし、格好をつけるべきだった。開業する人には、畳の部屋で和服を着たら良いですよとアイバイスをする。

ちなみに、しばしば整体を仕事にしたいのですが、私は向いてますかとお尋ね頂く機会がある。向いてますよとお答えするのだが、それは嘘だ。それを人に尋ねるタイプは向いてない。だって、クライアントの施術中に、一体、誰に相談するの?Googleの?という話。自分で決める人が向いている。

以上は、先生稼業の心構えみたいなもの。傲慢になれという意味では、勿論ない。相手は頼って来るので、それを受け止められる様にしておきましょうという話。

« ワールド・ウォーZ | トップページ | 頭のダイエット »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1042886/71849423

この記事へのトラックバック一覧です: 先生稼業:

« ワールド・ウォーZ | トップページ | 頭のダイエット »