« 女子会 | トップページ | シビアな話 »

2017年10月28日 (土)

中田考『私はなぜイスラーム教徒になったのか』

中田考『私はなぜイスラーム教徒になったのか』を読んだ。

その中で、スーフィー教徒のズィクルが紹介されていた。スーフィーはイスラームの中でも、瞑想体験を重視する神秘主義の一派。

ズィクルは彼らの修行法で、集団でグルグル廻る。廻る宗教というと、昭和世代には通りが良いか。

興味を持って動画を検索してみたのだが、これは活元運動ではないか。

イスラームはオカルトを嫌うのに、スーフィーには病気治しの聖人のエピソードが頻出するそうな。その文脈もよく分かる。

ところで、この本の中で、中田氏は修行をエリーティズムだと断じて、否定する。そして、ただ礼拝のみをすれば良いと説くのだが、浄土宗との類似を感じる。

カトリックに対してのプロテスタント、小乗仏教に対しての大乗仏教みたいなもので、どこも基本的なフレームは一緒だなあと感心した。全く極めて雑な感想だが。

この辺り、難しいなあ。誰でも出来るものにすると、広まる代わりにカルチャーとしてのダイナミズムを失う様な気がする。ダイナミズムは長さに繋がる。例えば、キリスト教が千年後に残っているとしたら、それはカトリックの方じゃないのかしらと思うのだ。なんとなくね。

ズィクルは資金と時間を作って、何時か現地で体験して来よう。

« 女子会 | トップページ | シビアな話 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1042886/72078971

この記事へのトラックバック一覧です: 中田考『私はなぜイスラーム教徒になったのか』:

« 女子会 | トップページ | シビアな話 »