« 夕日ヶ丘三丁目 | トップページ | ひと月百冊読み、三百枚書く私の方法 »

2017年11月20日 (月)

自意識過剰

昨日は体育館の奥の部屋で稽古をしていたのだが、手前の部屋を使用していた別団体が帰る時に電灯を消していった。

すると、先生がそれは嫌だから点けろとおっしゃるので、どうしてだろうかとしばらく考えて、ああ、暗闇に人が潜むと分かりにくいからだと思い至った。

しばらく武術をやっているが、武術家という自意識はないなあ。マズイかもしれない。

そういえば、凄い人を何人か知っているが、いつも視界の一番良いところに立つし、背中側に立つとすごく嫌われる。その手の行動パターンは自意識のなせるわざなので、その人がその人であるという点において、技術以上に重要。

整体には自意識がある。だから、人からは理解不能に見える行動も、自意識のなせるわざというか、帰属意識というか、職業病というか。

ところで、昨夜はセブンイレブンで自由が丘バーガーの親父さんとすれ違った。彼には葉巻などを頂いて、すっかり餌付けされてしまっている訳だが、腹が出ているんじゃないのと撫でられた。丹田ですとコメントしたのだが、実際に整体の呼吸法をやると下腹が出る。

学生の頃、友達から内臓の病気なんじゃないのとよく言われたものだ。数年、ろくすぽやっていなかったのだが、この数ヶ月の訓練で、お腹がしっかりして来た。ちょっと元気が余りつつある。

肩幅が広くなるのを気にして水泳が出来るかというか、むしろ、その肩幅に水泳選手の自意識は宿るのかもしれないといった類の話。

« 夕日ヶ丘三丁目 | トップページ | ひと月百冊読み、三百枚書く私の方法 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1042886/72261141

この記事へのトラックバック一覧です: 自意識過剰:

« 夕日ヶ丘三丁目 | トップページ | ひと月百冊読み、三百枚書く私の方法 »