« ミアキス | トップページ | 皮下脂肪 »

2017年12月14日 (木)

男のロマン

美容の施術をやる様になって、理論的な理解がかなり進んだ。

痛みを改善する為の調整は何をやっても良くなる様なところがあるのだが、美容はそうはいかない。どこをやったらどうなるのかという、体の各部の因果関係を把握する必要がある。

また、そこで得た知識を普段の施術にフィードバックすることで、上達することが出来た。具体的には、例えば、後頭骨と頬骨の重要性がよく分かった。これでかなり手が出なかった症状も楽になった。

ペットを見る場合、理論的なことはあてにならないので、逆に、即興演奏的な対応力が上がるのではないかという期待がある。脈とか、どうやって取るんだろうとか、気になって来た。一息四脈とか、動物にも適応するのだろうか。

新しいことを始めると神経質になるのだが、それによって上達する。この数年、伸び悩んでいたのだが、今年は随分と研究が進んだものだ。

しかし、いったい何と戦っているのだろうかと思わないでもない。もしかしたら、それは自分が抱いている整体へのロマンが相手なのかもしれない。手強い相手だ。なかなか満足することが出来ない。

« ミアキス | トップページ | 皮下脂肪 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1042886/72454493

この記事へのトラックバック一覧です: 男のロマン:

« ミアキス | トップページ | 皮下脂肪 »