« ヤモメとツバメ | トップページ | マリア・カラス »

2018年1月19日 (金)

ヤモメとツバメ、そしてカモメ。

そういえば、マダムは方々に1億円ほどお貸しになられていて、その回収の為に上京されている。つまり、その度に、キューキューとカモメみたいに鳴いている方がいらっしゃる訳である。

ヤモメとツバメだけではなくて、そうか、カモメもいたかと、今朝方、気が付いて、手を叩いて笑ってしまった。落語とか、聞いてる場合じゃないね。

それで思い出したのだが、借金取りといえば、スリランカ旅行だ。あれもおもしろかった。

現地では民泊したのだが、僕を連れて行ってくださったX先生が、テーブルを囲んで、現地の人達を相手に有難い話をしていた。

そのうちに、貸しているお金を回収して来るというので、行ってらっしゃいとお伝えしたところ、先生も行きましょうというので、飲んでいたスリランカティーを噴きそうになった。もう用心棒の先生にしか聞こえない。

これまた、スリランカ人の音楽プロデューサーに貸しているという壮絶に胡散くさい話。

トゥクトゥクというオート三輪に三人で乗り込んで、借金の回収へと向かった。最近まで内戦やってたんだよなあと、暗い気持になった。後ろから刺されたら敵わないので、背中に成田空港で買ったサイゾーを仕込んでおいたのも、今では笑い話。

お屋敷に着いてみたら、その音楽プロデューサー氏というのはスキンヘッドの巨漢で、その隣にはご兄妹の様な奥様がいらっしゃる。

壁にはボリウッドの女優もかくやという美女の写真が張ってあって、これは誰ですかとお尋ねしたら、その奥様の若い頃だというのでタマゲタ。滞在中、三度、集金に訪ねたのだが、その度にしげしげと見比べてしまった。

椅子を薦められても自分は座らないで、X先生の背後に立っていたので、後から、流石ですねとお褒めの言葉を頂いた。

« ヤモメとツバメ | トップページ | マリア・カラス »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1042886/72723651

この記事へのトラックバック一覧です: ヤモメとツバメ、そしてカモメ。:

« ヤモメとツバメ | トップページ | マリア・カラス »