« 中高一本拳 | トップページ | 側腹 »

2018年5月27日 (日)

湿疹

先週は湿疹のご相談が相次いだ。

湿気のせいだ。なんとなく肌もべとつくが、汗がこもって出なくなる。すると、湿疹が出やすい。

主要な調整は2つ。1つはリンパの詰まりを流すこと、もう1つは湿気で息苦しくなるので、呼吸器の働きを強くすることを行う。

湿疹などの肌のトラブルには、鼠蹊リンパの操作が効果的。恥骨の角を皮膚病一切奇妙と呼ぶが、操作すると鼠蹊リンパの詰まりが改善する。極端な話、水虫なども良くなる人もある。デリケートゾーンなのでご自分で押さえて頂くが、必要な人はここが痛い。

ただ、一切奇妙とは言うが、吹き出物などはまた別系統。チョコレートなどを食べ過ぎると、吹き出物になることがあるが、それはリンパというよりも消化器の疲れが原因。

呼吸器については、皮膚呼吸が知られているが、呼吸器の働きを強くすると、毛穴が開く様な感覚がある。べたついた肌が途端にサラリと滑らかになるので、その作用は劇的だ。汗疹もこれが該当。

これから梅雨なので、まだまだ湿疹は出やすいだろう。

« 中高一本拳 | トップページ | 側腹 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1042886/73566760

この記事へのトラックバック一覧です: 湿疹:

« 中高一本拳 | トップページ | 側腹 »