« 拡張家族 | トップページ | 夏季休業のお知らせ »

2018年6月24日 (日)

ブラジリアン柔術

高校生の頃に和弓をやっていた。

弓には弦が張られているのだが、張りっぱなしだと弓が傷む。使わない時には弦は外すものだ。

ところで、テンションが過剰に高い人がいる。一見、元気。しかし、肩凝りはないけれど、偏頭痛にお悩みだといった類の話がとても多い。肩に触れると、カチカチに凝っていたりする。

テンションが高いと、疲れを自覚しにくいのだ。それは空元気というものであって、体からのサインには気がついた方が良い。肩凝りを感じるくらいで正常なのだ。

実際的な話であって、テンションが下がると、お酒や砂糖で無理やりにテンションを保とうとする方も多い。これもリスキーで、周期的に急性症状でダウンするという傾向が見受けられる。また、若い時に体力のあった方ほど、そうなりやすい。

自分などは低め安定の感あり、元気な時もないけれど、本当に参ることも少ない。上手なダウン。いっそブラジリアン柔術の心境である。

« 拡張家族 | トップページ | 夏季休業のお知らせ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1042886/73741553

この記事へのトラックバック一覧です: ブラジリアン柔術:

« 拡張家族 | トップページ | 夏季休業のお知らせ »