« 縄跳び | トップページ | 代償行為 »

2018年6月13日 (水)

銀座デリー

デリーを食べずして、カレーを語るなかれ。

という訳で、銀座のデリーに初めて行ったのだが、カシミールカレーで辛い。

食べると、聴覚過敏になって感じられたのだが、スパイスは奥深いものだ。

スパイスには無知なので一家言もないのだが、作用を研究すると、おもしろいかもしれない。脈は早くなるし、体への影響は大きい。下手な薬よりも作用が大きいかもしれない。

ところで、インドへ行ってみての感想なのだが、水に当たるというのは疑わしい。それよりは、スパイスに日本人は耐えられないのではないか。あとは熱中症。

たまに食べると旨いのだが、3食を1週間も食べ続ければ、お腹を壊すのは必然。食べ慣れていないからだ。腹6分目くらいにしておくのがお薦め。

ところで、最近、循環器に負担の掛かっている方が多い。その場合、塩を摂ると体調が回復する可能性がある。塩がある種の強壮剤として作用するからだ。昨今、減塩ブームなのだが、暑くなって塩分不足だとバテる。

ただ、高血圧との相性があるので、適当なことはしない方が良い。

適量は如何に?これは味覚の良い人限定の話だが、塩分不足だと、塩を舐めて辛さよりも甘さを感じる。ある程度以上を摂ると、途端に辛くなるものだ。

« 縄跳び | トップページ | 代償行為 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1042886/73672562

この記事へのトラックバック一覧です: 銀座デリー:

« 縄跳び | トップページ | 代償行為 »