« 呼吸活点 | トップページ | 夏バテ »

2018年7月31日 (火)

ブルース・リー

香港といえばブルース・リー、ブルース・リーといえば詠春拳だ。

そんな訳で、詠春拳の道場を訪ねて、見学させて頂いた。日本にいるうちにテンションを上げる為に、映画の『イップマン』を見ておいた。

本当に見学なので、放置プレイである。練習風景を眺めていたのだが、上手な人が2人いた。流石に速い。太極拳の推手の様な練習をしているのだが、速いリズムの中で正中線を取り合う。チーサオと言うらしい。

生徒が型を打っていたので、後ろに貼り付いて真似をしてみた。手首に力を通す動作が多いのだが、手首で速度を出す様に見えた。部屋に戻ってから、空手の型を手首を意識してやってみたら、やはり速くなった。もしかしたら、小念頭と転掌は似ているかもしれない。

うっかりすると手打ちになりそうなものだが、そうならない為の体の使い方をするのだろう。道場の壁に砂袋が吊るされていたので、突いてみたのだが、それは固いものだった。

生徒の型を先生が矯正する場面では、仙骨の辺りを後ろから押す光景をよく見かけた。腰が引けると、姿勢の要求を満たさないということなのだが、その辺りは万国共通だ。

手首の締め方が収穫だった。

« 呼吸活点 | トップページ | 夏バテ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1042886/73949177

この記事へのトラックバック一覧です: ブルース・リー:

« 呼吸活点 | トップページ | 夏バテ »