« 噛合 | トップページ | 臍下丹田 »

2018年7月 6日 (金)

太極拳

太極拳というと、ゆっくり動くのが特徴。

最近、整体の生徒の方々にも、ゆっくり動くことを指導している。

リズムのある動き、速い動きをすると、自分の得意なところばかりが動くのだ。肩が力みやすい人は肩から動くし、首が緊張しやすい人は首ばかりが動く。骨盤の緊張しやすい人は、そっくり返って反り腰に。

ところが、ゆっくり動くと、体をムラなく動かしやすい。

力学のモデルとしては、テコの原理に終始する。理想的には、足が力点で、腰腹が支点、手が作用点となる。

腰腹を変に動かすと支点がズレて、テコが利かなくなる。だから、反り腰はダメ。体の使い方として腰を強調すると、反り腰を良い姿勢として勘違いしやすいので、指導者は注意が要る。

また、肩の力む人が一番多いが、その場合、肩が力点、肘が支点、掌が作用点となり、力量は小さくなる。

総論としては、足を使う訓練が重要。その為、訓練の初期段階においては、ゆっくり動くのが無難。

歩くペースなども、しばしば自分の呼吸とズレていたりする。それは、せっかちに過ぎるというもので。

« 噛合 | トップページ | 臍下丹田 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1042886/73812643

この記事へのトラックバック一覧です: 太極拳:

« 噛合 | トップページ | 臍下丹田 »