« ラーメン二郎 | トップページ | 太極拳 »

2018年7月 6日 (金)

噛合

ツタンカーメンの義母にして、3400年前のエジプトで絶世の美女と謳われたネフェルティティ様のお姿である。

ミイラから3Dで再生したというのだが、現代人にはどう見えるだろうか。少々、顎が張り過ぎて感じられるのではあるまいか。

固いものを食べる機会の減った現代人は、生まれつきの歯の数が減り、顎が退化してどんどん細くなっている。

ところで、歯並びや噛み合わせのご相談は多いのだが、この数ヶ月の研究の進捗で調整が本当に楽になった。

従来、頭蓋骨の歪みを取って、上下の噛合を合わせていたのだが、それは過去の方法になった。今では歯自体を動かせる様になったので、ものの数分で終わる。

現在は高齢者の腰痛に絡んで、仙骨の動かし方を再研究している。今のところ、保ちが悪いので、如何ともし難い。中年が腎だとしたら、高齢者は膀胱かなあという気もする。

シミは眼の下のものは評判が良いが、頬骨周辺のものが難しい。どうやら系統が違う様だ。これも要研究。肝斑が一番やりやすい。

首イボについては、もうメカニズムを理解したと言っても良いだろう。割と、成績が良い。

« ラーメン二郎 | トップページ | 太極拳 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1042886/73812598

この記事へのトラックバック一覧です: 噛合:

« ラーメン二郎 | トップページ | 太極拳 »