« 夏バテ | トップページ | 筋肉痛 »

2018年8月 4日 (土)

心の叫び

香港は日本語だらけ。日本国内で広告に英語を多用する様な感覚で、日本語が出て来る。元々、漢字文化圏なので、それは平仮名が使われるという意味だが。ちなみに、漢字は繁体字が中心。中南海が台湾にこだわるのなら、簡体字にするべきではなかった。話が脱線した。

話者も多い。飲食店のメニューには日本語表記されているところも多いし、うっかりしたら英語で注文したのに、日本語の返事がある。

そういえば、どうして日本人だとバレるのだろうか。ネイザンロードでは、ニセモノドケイアルヨと10回以上は声を掛けられた。付いていくと、ロレックスの偽物を売りつけられるらしい。

決まってニセモノドケイアルヨだったのだが、最初、彼らにこのフレーズを教えた人は罪深い。ステキナトケイアリマスとか、もうちょっとマシな勧誘の言葉がありそうなものだ。一日中客引きをするのに、これでは成果が出るはずもない。

街は地下鉄が通っていて、PASMOと機能を等しくするオクトパスカードもあるので、ほとんど東京にいるのと変わらない感覚で過ごせる。

楽勝な旅だと高をくくっていたのだが、クレジットカードを吸われた。深夜、ビクトリアピーク前の中国銀行(香港)のATMで香港ドルを下ろそうとしたら、挿入したカードが戻って来なくなったのだ。

慌てて、道行く方に事情を説明して、ATM記載のセキュリティーセンターに電話を掛けてもらったのだが、どうにもならず。

翌日、銀行に出掛けて、再度、事情を説明したのだが、お役所対応は変わらず。窓口でボスと話させてくれと絡んで、接触することは出来たのだが、セキュリティ会社の関係で開錠出来ない。後日、クレジットカードを日本に郵送するとの一点張りであった。I need Now!と叫んだとか、叫ばなかったとか。

調べてみると、中国銀行のATMの操作にはタイムリミットがあり、制限時間を越えるとカードを吸い込む仕組みがあるそうだ。取り忘れ防止の為だろうが、小さな親切、余計なお世話であった。

しかし、香港の住民はとても親切なので、好感を持った。

« 夏バテ | トップページ | 筋肉痛 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1042886/73976520

この記事へのトラックバック一覧です: 心の叫び:

« 夏バテ | トップページ | 筋肉痛 »