« 2018年9月 | トップページ

2018年10月

2018年10月13日 (土)

『息覚 呼吸から≪我が唯一の望み≫へ』小椋孝子・浜田貫太郎/著  幻冬舎ルエンッサンス/刊

2年ほど前、栗本慎一郎さんの本を読んだら、何千~何万年か前に人類はシベリアに一斉集結しているという趣旨の記述があり、興味深かった。誰かに話を聞いてみたかったのだが、都合良く、言語学者の先生がいらしていた。丁度、ご予約が昼時だったので、施術後にそのまま食事にお誘いして、角金で話を伺った。

言語は民族と共に移動するので、遺伝子の移動を追うのが言語学の重要なアプローチなのだ。そうしたら、確かに、ある時期の南シベリアに遺伝子的な偏在が顕著に見られるのだそうな。普通に考えたら、当時のユーラシア大陸には、そこにしか住めない様な環境条件があったのかもしれない。全くの専門外なのだが、バベルの塔崩壊以前の世界にロマンを感じた。

話は脱線して、そこには神以前のコンセンプトがあったとおっしゃるので、それはアニミズムと何が違うのか?といった様なことを話していたのは覚えているのだが、何かの話の流れで、呼吸は感覚器官だという話をしたらしい。らしいというのは、実はあまり覚えていないのだが、後で言われた。

それが彼女のツボにはまったらしいのだ。というのは、日本の言語学はソシュール由来のアプローチ法が主流なのだが、海外では脳科学などを援用したアプローチ法が取り入られていて、海外での研究経験の長い小椋先生にはフラストレーションだったのだ。そこに何のイタズラなのか、呼吸が感覚器官だという話が、言語学的なインスピレーションとなった。何だか訳の分からない話だが、書いている本人にもよく分かっていないのでしょうがない。

それを論文にしたいとおっしゃるので、お好きにしたら良いですよとお応えしたのだが、これまた律儀な話で、着想は先生だから、名前をクレジットしたいというお話を頂いた。いや、そもそもがフレーズだけだし、言語学の論文にクレジットがあっても、私の仕事の足しにはならないからと再び固辞させて頂いたのだが、そうしたら、本にしましょうという話になった。じゃあ、原案とか監修で良いですとお伝えもしたのだが、共著になった。小椋先生の学者としての仁義の切り方、見事である。

10年後には誰かが書いているかもしれないけれど、今、出せば一番です、という台詞が印象的。それは楽しいかもしれない。

呼吸が感覚器官だというロジックの最初の部分を自分が書いて、そこから小椋先生が論理展開した本が出来た。まったくもってキメラの様な本だ。自分の作業はもう随分前に終わっていて、編集会議にも一度出ただけ。後の作業も費用も小椋先生にお任せ丸投げ。おんぶで抱っこの本である。だから、あまり実感がない。10歳くらいの男の子がいきなり訪ねて来て、お父さんと呼ばれた様な感じ。命名も小椋先生に依る。

561114302

そういえば、小椋先生との出会いは、武井先生の企画されたインド旅行だ。それをきかっけにして施術にお越し頂く様になったのだが、実はそれも謎。良いところを見せた記憶が1つもない。暇さえあればタバコをスパスパ吸い、退屈したら空手の練習をし出し、旅の参加者同士で部屋に集まってトランプをした際には、ラム酒を一気に煽って、それを先生のベッドにこぼしている。人生は分からない。

2018年10月11日 (木)

『安心』11月号

Img_2904

マキノ出版様刊行『安心』11月号に浮腫みについての記事を書かせて頂きました。体験者の方、編集部の方にはお世話になりました。

2018年10月10日 (水)

ヨーガ

先日、久しぶりに武井先生にお会いした。ヨーガとインド占星術がご専門だ。気が付いてみたら、10年ほどのお付き合いになっている。まあ、お目にかかる機会もそうはなく、今回もインド旅行以来だから数年ぶりになる。

10年ほど前、毎週の様にお会いしていた時期がある。整体の教室を毎週水曜日にやっていて、そちらに遠路はるばるお越し頂いていた。当時はヒッピーの巣窟の如しで、変わった方ばかりが来ていておもしろかった。当然、収集などつかない訳だが、そんな中でなにくれとなく気を遣って頂いたものだ。

会の後には参加者の方と食事に出掛けるのが常だったが、自分にしてみたら、本で読んでいた精神世界業界の著名人達の話題を知人のエピソードとしてお話になられるので、実に興味深かった。時は流れて、今ではすっかり売れっ子の占い師の先生である。

そういえば、一度だけヨーガを教えて頂いた。その時は確か、バンダといって体を締めるテクニックの練習だったけれど、肛門は締めてもお尻の筋肉は不用意に使ってはならないといった指示があり(記憶違いかもしれない)、こんなに繊細なコントロールが要求されるのかと驚いた記憶がある。スポーツクラブ的なヨガに飽き足らない方はお訪ねになられたら、きっとおもしろいだろう。

2018年10月 5日 (金)

『フリーランス、40歳の壁――自由業者は、どうして40歳から仕事が減るのか?』竹熊健太郎/著 ダイヤモンド社/刊

足立のスタミナ苑へ出掛けた。駅から少々離れたところにあり、車での移動が望ましい。学生時代の友人に送ってもらった。

車中、彼から転職を考えているという話を聞いた。自衛隊を経て、企業の会計という変わった経歴を持っている。最近、意に添わない異動があり、やるせないらしい。実社会に揉まれたこともない気楽なフリーランスには分からないだろうと八つ当たりをして来る。

お前にフリーランスが出来るのか?何を売るんだ?と言い返したら、俺は優秀だとのコメント。自衛隊時代も・・・とコントが続いた。その自信の根拠は謎である。

ちなみに、奴の自己イメージはドナルド・サザーランドらしいのだが、仲間内での仇名は田沢である。褒め言葉だ。肉を焼いたら煙が彼の方へ行くので、煙にも優秀な方が分かるんですなあと付け加えておいた。いやまあ、わざわざ家まで送迎してくれるナイスガイではある。

Imagesd

Tazawa

さて、『フリーランス、40歳の壁――自由業者は、どうして40歳から仕事が減るのか?』を読んだ。タイトルにドキリとして買ったのだが、フリーランスには発達障害が多く、会社勤めが出来なくてそうなっている人も多いという記述があり、やり取りを思い出して苦笑した。

確かにそうかもしれない。25歳の時に部品メーカーに就職している。整体だけをやっていてもモノにならない予感があった。足りない部分が足を引っ張るからだ。そこで、一番向かないことをやろうと営業職を選んだのだが、案の定、半年ほどで辞めている。給料を貰いながら行儀見習いをさせて頂いた様なもので、会社には申し訳ないことをした。

しかし、それも向き不向きというものだ。結果的に、フリーランスは性に合っていた。自営業は始めるのは簡単だが、続けるのは難しい。成功の甘さも失敗の苦さも一人占め、そこが良いのだけど。たまに、開業のご相談を受ける機会もあるのだが、整体以前にまずは会社勤めが合うのか、自営業が合うのかを自己分析するべきだろう。

タイトルについては、これは出版業界の話題だが、仕事の発注主が年下になると仕事が減るという身も蓋もない内容だった。カメラや編集、制作の仕事には雑用に近いものもあり、年上には気軽に頼みにくいとのこと。この点については、手技業界は逆。どういった年齢層を相手にするのかにもよるけれど、クライアントの立場からすると、自分の子どもくらいの年代の相手を頼るのは難しい。

自分の場合、早いうちに開業したので、それ故に苦労した反面、周囲の若さへの期待もあったのだろうなあと思い返すことも多い。ただ、年齢に応じて、期待されるものも変わって来る。若い頃の仕事のスタイルが、年を経ても通用すると考えるのは錯覚だろう。

« 2018年9月 | トップページ