« カラ咳2 | トップページ | 稽古 »

2018年10月26日 (金)

ポエム

学生の頃、気に入った本を図書館でやっているみたいにラミネート加工する習慣があった。

今回、20年ぶりくらいにラミネートをAmazonで注文した。届いた商品を見て、驚いた。検索して出て来た商品を何気なく選んだのだが、20年前に使っていた商品だった。

それで、ああ、人生は自分で選んでいるのだなあと一人感慨にふけった。いや、あんまり針小棒大に過ぎるでしょうという話ではあるのだが、誰かに指示された訳でもないのに、同じ選択をしている辺りにそう感じたのだ。

運命論者曰く、全てに意味はあるのよ、と。ただ、それは好みが要因ではないだろうか。例えば、似た様な人を好きになり、似た様な人に好かれるので、似た様な結果になりやすい。

その点、好き嫌いを変えるのが、運命の変え方ということになるのだろうか。それは難しいな。

« カラ咳2 | トップページ | 稽古 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1042886/74475610

この記事へのトラックバック一覧です: ポエム:

« カラ咳2 | トップページ | 稽古 »