« ドクター中松的な何か | トップページ | 脊椎 »

2018年10月31日 (水)

目の疲れと首都圏人の神経疲労

身も蓋もない話だが、整体を仕事にすると、あまり長生きをしない男性が多い。

男性というのがポイントで、女性を見ているとそうでもない。平均寿命自体もさることながら、手法の性差によるものが大きい様に見受けられる。事実として、男性は手技に走る人が多いし、女性は触手療法に走りやすい。

触手療法とは何ぞや?という話なのだが、氣の力でハーッみたいなやつだ。手技はツボを押さえたり、骨格を矯正したりといった一連のテクニック。

手技にはある種アスリート的な体力が要求されるので、60代の半ばくらいでバテる。また、そこまで仕事が続いている人は、抱えるクライアントの数が多いので、これまた体力を要求される訳だ。

じゃあ、触手療法で良いのではないか?とも思うのだが、どうなんだろうね。本当にどうなんだろうか。レイキや愉氣などの古典的な手当療法を仕事にして、それだけでやっている人は、その普及の割に少ない。どこか間に合わないものがあるのではないか。

イメージのリソースが乏しいから、仕事にする際に苦労している様にも見えるのだが、効果という点から関心がある。そこまで効かせられる様になるには、結構な修行が要るしね。どちらの歩留まりが良いのかというと、それは手技だろう。

お前はどうやっているんだ?という話なのだが、案外に一定しない。相手次第だな。敏感なタイプは軽く触れるくらいの触手療法で間に合うし、体が鈍っている場合はアジャスト的な手法を使わないと無理。

そして、首都圏の人は神経過敏なので、頭の調整が必須。触手療法以外では対処がない。たまに地方へ出掛けて施術をすると、自分はこんなに上手だったのかと感心するものね。古典的な施術をしたら、それがものすごく効く。5分あれば間に合うくらい。

ところが、首都圏で同じことをやっても、ちっとも効かない。神経が過度に緊張しているので、然るべき神経反射が起こらない。その辺りの違いには大概に慣れたけれど、施術時間が掛かり過ぎるので、それは課題だ。特にスマフォが普及してからはそうで、ちょっと勘弁してほしいレベルになっている。目を休めてください、これに尽きる。

しかし、スマフォは全国的に普及しているので、スマフォよりも生活の差だろうかとか、いや、電車に乗っているから、使用時間自体が長いのだとか、色んな考察も可能だな。どちらにせよ、結論は一緒で、目を休めてくださいというものになるが。

例えば、ネットサーフィンをiPhoneからiPadにするだけで、かなり目の疲れはマシになるはずだ。ついでに、画面の輝度が高過ぎると目の負担になるので、それは抑えるのがオススメ。バッテリーの消費もかなり改善する。

« ドクター中松的な何か | トップページ | 脊椎 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1042886/74508475

この記事へのトラックバック一覧です: 目の疲れと首都圏人の神経疲労:

« ドクター中松的な何か | トップページ | 脊椎 »