« 仕事上の諸々 | トップページ | 眉間の縦皺 »

2018年11月30日 (金)

伊豆

月火とまた伊豆へ。都内も温かいが、尚、温かい。

夜は地元の居酒屋へ。クサヤを食べたが、旨みの塊という感じ。日本酒のツマミにそのまま頂いた。お茶漬けにする方が好みなのだが、それを言うのも野暮天の極みという雰囲気。それで、黒龍を頼んだ。そういえば、黒龍は有名だが、白龍というのがあったので、前回はそれを頼んだ。でも、黒龍の方が旨いな。

今回も東急ホテルに泊まった。朝食のビュッフェが名物なのだが、確かに評判になるだけのことはある。レストランで上品な母娘を見掛けた。背筋が綺麗に伸びているので目を惹いたのだが、30分ほど経つと背中が丸くなっていた。沢山食べると、お腹が張って背が丸くなる。自分もそうで、食べ過ぎた。

そのまま金谷旅館の千人風呂へ。プールくらいのサイズの総檜風呂だ。地元の人に話を聞くと、昔はここで水泳の授業をしたらしい。東京は黒湯が中心だが、あれは塩気が強くて、酒を抜くには良いが、疲れを取る湯質ではないなと感じる。その点、箱根は良いし、伊豆のお湯も同系統に感じられる。都内では志らくの湯がそうなので、重宝している。

今回は電車で移動したのだが、帰りの駅で、下校する高校生の集団に遭遇した。自分は石川と東京の暮らししか知らないが、伊豆で暮らすのはどの様なリアリティだろうか。食べ物は旨く、古い街で良いところだが、独特の閉塞感がある。進学では東京へ出て、そのまま戻らない人も多いのだろうか。地元に仕事がない、というのは深刻。石川の場合、県外からの出戻り組は役所と銀行に就職する人ばかりなり。鮭の如く、不思議と戻る人は多い。

帰りに、旅の道連れから、整体を勉強して仕事にしたいという趣旨の話を伺う。ある程度の大きさの会社を経営していた方なので、貴方の様な方にとっては、職人は成るものではなくて、雇うものでしょうとコメント。隣の芝は青く見えるもので、自分などには逆立ちしてもそんなことは出来っこない。能力と志向の一致を幸福と呼ぶ様な気もするね。しかし、同業者とは、人材確保が課題としてしばしば話題になる。業種的に、資本の要らない仕事だから、自信のある人は独立してしまう。帯に短し襷に長し、という結果になりやすいのだ。

« 仕事上の諸々 | トップページ | 眉間の縦皺 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1042886/74692476

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆:

« 仕事上の諸々 | トップページ | 眉間の縦皺 »