« 発達障害 | トップページ | 唯脳論 »

2018年12月14日 (金)

フランク・メドラナ

自重トレーニングの神様と称されるフランク・メドラナの動画。体重を感じさせない鉄棒のパフォーマンスが格好良い。

それで、安直に筋トレをやってみた。今更という話なのだが、正直、嫌いだし、苦手だったのだ。空手でサーキットトレーニングを指導されるのだが、それからも逃げ回っていた。土方をやっていたので、体を動かすのはお金を頂いてやることだという感覚があったりもする。スコップで穴を掘るのは、もう筋トレみたいなものだ。また、当時は体脂肪率が8パーセントだったので、過去の自己イメージで現状認識がおかしくもなっているのかもしれない。

しかし、食わず嫌いだったのだが、どこの筋肉に利かせるのかなどを考えながらやると、意外とおもしろかった。まず本屋のスポーツコーナーで体幹トレーニングの本を漁る辺りが自分らしくて笑った。いや、儀式みたいなもので、読むだけ読んだら、後はやるのだ。

最近、本屋でサッカーの長友選手のトレーニング本をよく見かけるけれど、初めて手に取った。ちゃんとストーリーがあるのね。学生時代、筋トレをしても怪我を繰り返したが、後年、部位ごとのトレーニングよりも、その連動が大事だということを理解したとの説明がされていて、その理論的なことに納得した。

それにしても、一週間ちょっともやったら、体型はすぐに変わるのね。この腰回りの細さは10年ぶりくらいかもしれない。階段が楽で驚いた。完全にオッサンの言い草だが、事実なのでしょうがない。

始めたばかりなので、威張れることは何にもないのだが、良い刺激になった。人様の体をどうこうしようとする前に、まず自分の体をなんとしましょうよ、と自分に言い聞かせているのだが、はたして続くだろうか。あまりマッチョになると、今度は整体をやる時の感覚が鈍るので、微調整をしながら続けたい。

« 発達障害 | トップページ | 唯脳論 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1042886/74768672

この記事へのトラックバック一覧です: フランク・メドラナ:

« 発達障害 | トップページ | 唯脳論 »