« フランク・メドラナ | トップページ | グルテンフリー »

2018年12月17日 (月)

唯脳論

ドアのノックの音には、体調が現れる。腰に力のある人はコンコンと澄んだ音がするのだが、腕が力んでいたりするとガンガンと濁った音になる。

ちなみに、神経的な緊張の強い方は、ガンガンと音をさせやすい。頭が緊張すると、同時に腕も緊張するのだ。検証は簡単で、腕立て伏せをした後に、九九でも数えてみたら分かる。途端に、速度が落ちるはずだ。

逆に言うと、頭が疲れたら、腕のストレッチでもしたら、多少は楽になる。

一昔前に、唯脳論が流行ったけれど、片手落ちだ。実際には、思考は身体的な行為なのだ。

そういえば、筋トレを続けているのだが、頭頂部が緊張する様になった。

腹直筋と頭頂部は繋がっているので、腹筋をすると頭頂部もまた緊張してしまう。そして、腹直筋と頭頂部はノイローゼの調整点だったりする。実に敏感な場所で、残業でもして、ちょっとナイーブになっている時にお腹に触ると、腹筋が固くなっているはずだ。

逆に、施術では腹筋を弛めることを行う場合があるけれど、それは神経的な緊張を緩和する為だったりする。

つまり、神経の緊張の強い方は、筋トレをしない方が良いですよという結論になる。少々、神経質になるからだ。自分の場合、最近、頭が弛み過ぎなので、筋トレをするくらいで、丁度良い。その辺りは、自己判断だ。

« フランク・メドラナ | トップページ | グルテンフリー »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 唯脳論:

« フランク・メドラナ | トップページ | グルテンフリー »