« 『ボヘミアンラブソディ』 | トップページ | 武井壮 »

2019年1月 7日 (月)

昭和の人情話

昨日、近所のラーメン屋で昼飯を食べていたら、無銭飲食を見てしまった。

お婆さんがお金がないというのだが、店主は数十円を受け取ってこれで良いとの男前な台詞。逆に、ガス代はあるの?あげるよと声を掛けていた。昭和の人情話かよと一人感動しながら、ラーメンを啜った。塩味が濃いラーメンだったなあ。まあ、嘘だ。そこで泣く様なタマではないし、味噌味だった。

お婆さんは娘が迎えに来ると言うのだが、ちっとも迎えは来やしない。出て行った後で、店主がボケ始めてんだよとボソリ。昔からのお客さんらしい。

しかし、なんだかもの凄くシンミリとはしてしまった。将来、お一人様が増えるのは確実だが、世の中どうなってしまうのだろうか。

みんな人付き合いの面倒を嫌がるけれど、自由と孤独の等価交換には違いない。それとも、肩寄せ合ってシェアハウスにでも住むのだろうか。10数年ぶりにダメ連などを思い出したけれど、あれはどうなったのか。当時はかろうじて諧謔だったが、今だと生々しいな。

« 『ボヘミアンラブソディ』 | トップページ | 武井壮 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1042886/74905091

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和の人情話:

« 『ボヘミアンラブソディ』 | トップページ | 武井壮 »