« 橘玲『言ってはいけない』 | トップページ | 明示 »

2019年1月 3日 (木)

美犬

Dsc_18901

新年初日のお客様は犬。二回目のご来院である。

前回のご相談の一つは肝臓の数値が高いというものだった。動物病院に行って検査をすれども、原因は不明とのこと。

拝見すると確かに肝臓がつっかえているので、何か変わったものを召し上がっていませんか?とお尋ねしたところ、馬のジャーキーをお召し上がりだという。

じゃあ、それを止めてみてくださいとご案内したところ、しばらくして肝臓の数値は下がった。

最近、犬の食事はハイプロテインが流行っているらしいのだが、そうした一見、体に良さそうなものは盲点になりやすい。良かれと思ってやるから、まさかそれが原因とは気がつかない。

人間にも同じことがある。以前、胃腸の調子の悪い方がいらしてお体を拝見したのだが、何か体に合わないものを召し上がっている様に見える。それで水を向けたが、心当たりはないとのこと。

しかし、しばらくして分かりました、オリーブオイルですとのお返事があった。何にでもおかけになられていたというお話だった。止めてほどなくして胃腸の調子は上向いたのだが、ご自分で気が付かれたのは立派。なかなか分からないものだ。

経験的に、辛い物、揚げ物、香辛料が負担になっているケースは多い。また、それが盲点になりやすい。体質的に腸が敏感な人は気をつけたら良いかもしれない。便秘とか、意外に良くなるかもね。

そういえば、人間でも肝臓の数値が高いことを気にされて、断酒をされる方が多い。その割に、数値は変わらなかったというお話も伺うのだが、それはちょっと気が早い。薬にも半減期があるけれど、酒が抜けるのにも時間が掛かるのだ。二ヶ月ほど前から準備をしたら、結果も違うかもしれない。

ところで、大晦日に友達と会っていたのだが、買っている犬がヘルニアになって困っているという話を聞いた。頼まれもしながったが、どうだろうなあ。ペット整体はやってみて分かったのだが、小型犬が限界。ジッとはしていないので、抱っこをしながら施術をすることになるからだ。

相談内容にしても、脚が動かないとかその手のものには実績があるのだが、ヘルニアかあ。自信があるかと問われたら、黙ってしまうな。

まあ、大概のことはやってみなければ分からないのだが、それは人間も一緒。腰痛一つを取っても、十把一絡げには出来ない。若い人の酷いギックリ腰があっさり良くなったかと思えば、ご高齢の方の軽い腰痛がまったく良くならないなんてこともある。

時々、初めての方から、電話でこれは良くなりますか?とお問い合わせを頂くのだが、やってみなければ分かりませんとほとんどの場合は断ってしまう。安請け合いは出来ないのだ。

« 橘玲『言ってはいけない』 | トップページ | 明示 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1042886/74880522

この記事へのトラックバック一覧です: 美犬:

« 橘玲『言ってはいけない』 | トップページ | 明示 »