« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019年7月18日 (木)

トンファー

7662de268fa142ffb1e58dc430ea93d9

差し入れにトンファーを頂いた。沖縄空手で使われる武道具だ。

練習に道具を使うメリットは、体の動きに制限が出るところ。例えば、ゴルフの常識があれば、クラブをバットみたいに構える人はいない。

素手だと動きのパターンが多過ぎて、かえって基準が分からなくなる。逆に、道具を持った際の体の使い方を素手に応用すると、原理原則が明確になる。

何でも好きにしていいよでは途方に暮れる。無制限の自由は不自由に似て、むしろ、答えを得るには制限が手掛かりになる。

トンファーの場合、普通に振ると遠心力で体が開いて隙だらけになるので、引手をしっかり取る意識が強調される、のかもしれない。

2019年7月13日 (土)

『慢性不眠が薬に頼らず楽治る最強療法』

19b4f6ff994d471cae866ec2723c80c0

マキノ出版様刊行『慢性不眠が薬に頼らず楽治る最強療法』に記事が掲載されました。体験者の方、編集部の方にはお世話になりました。

2019年7月 9日 (火)

ゲーム・オブ・スローンズ

昨日は朝5時に起床して、スターチャンネルに入会。『ゲーム・オブ・スローンズ』の最終章を見た。

初見は数年前のインド旅行の帰路、飛行機の中だった。吹き替えも字幕もなかったが、映像から迫力を感じた。雪の中を甲冑を来た髭面の騎士達が馬で駈け、大きな狼が並走するシーン。跪いた脱走兵に祈りを捧げて処刑するシーン。中世風の街ひとつ。舞台へのお金の掛け方に本気を感じた。

ファンタジー作品だ。双子の男女の近親相姦の現場を偶然見てしまった7歳の男の子。彼が塔の上から突き落とされるところで第1話が終了。あの子どうなった?と気になっていて、ようやく昨年から見始めたのだ。

その双子も突き落とされた男の子も王族で、そこから波乱が始まる。中身はエログロナンセンス。アーマードバトルのチャンバラで、毎回の様に手足も首も飛ぶ。去勢された奴隷の軍勢がいて、名称が「穢れなき軍団」。いちいちこのセンスでゲップが出る。この味付け濃い目に慣れると、大概の映画を観ても退屈になってしまう。

これまでは吹き替えで観ていたのだが、最終章は吹き替えが間に合っていないので、字幕で観た。すると、ものすごく作品のイメージが変わった。主人公、ジョン・スノウの声と話し方が実にモッサリしていてダサいではないか。

HBO製作のドラマシリーズなので、イギリス流のブラックジョークが利いてる。作中、ヒロインが主人公より信頼できる男は誰だ?と尋ねられて、彼より背の高い男だと答えていたものだ。スノウ氏、背の低い三枚目扱いなのだ。吹き替えで観ているうちは、文脈が分からなかった。吹き替えの声が良過ぎる。

こうして声の重要性に気がついた次第。

施術では、声のトラブルのご相談は多い。この時、声のハウリングをよく聴くと、お腹の特定の部位から響いている事が多い。喉が痛くとも、そこが原因である事がほとんどだ。大概、固く張っているので、押さえて柔らかくすると声が出る様になる。

プロミュージシャンの場合、肝から、酒焼けが圧倒的に多い。職業柄、飲み会が多いからだろう。この場合、のど飴の類には、あまり効果が期待出来ない。

しかし、こんなことを書いていると、そのうちうっかりすると発声について尋ねられてしまう。実際には音痴なので、完全に専門外だ。ご近所のヴォイス・トレーニングの先生をお訪ね頂いたら良いのではないだろうか。

2019年7月 8日 (月)

最近、皮を引っ張る事に凝っている。筋肉と癒着した部位の皮膚を引っ張って剥がす。そうした場所を引っ張ると痛い。

筋膜がどうのこうのと理屈は可能なのだろうが、メカニズムは分からない。とにかく筋骨格を調整しても効果が小さいものが、これをやると意外と効く。

自分の手首の関節が拡がっていて、仕事柄、手が疲れるのはしょうがないのだが、締めても締めてもキリがなかった。しかし、手首周辺の皮を引っ張ると、これが保つ様になった。

連想して足首もやってみた。すると、ガスが沢山出た。右足首を調整するとガス抜きになるというのがマニュアルだが、これまで効果がいまいち分からなかった。膝から下の脛部を徹底して調整すると、確かに効果がある。ただ、これはコンディションの個人差も大きいかもしれない。もっと簡単に効果のある人もいるだろう。

変形股関節症の何人かにやってみたら、かつてなく可動域が拡がるので、これには驚いた。正直、痛みを止める事は出来ても、可動域を拡げる事が難しかった。光明になれば良いが。

2019年7月 2日 (火)

『安心』8月号

97001883f1b044dc9ec055b10a6b8fc9

マキノ出版様刊行『安心』8月号に腎臓ひねりの記事が編集、再録されました。体験者の方、編集部の方にはお世話になりました。

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »