« 『安心』8月号 | トップページ | ゲーム・オブ・スローンズ »

2019年7月 8日 (月)

最近、皮を引っ張る事に凝っている。筋肉と癒着した部位の皮膚を引っ張って剥がす。そうした場所を引っ張ると痛い。

筋膜がどうのこうのと理屈は可能なのだろうが、メカニズムは分からない。とにかく筋骨格を調整しても効果が小さいものが、これをやると意外と効く。

自分の手首の関節が拡がっていて、仕事柄、手が疲れるのはしょうがないのだが、締めても締めてもキリがなかった。しかし、手首周辺の皮を引っ張ると、これが保つ様になった。

連想して足首もやってみた。すると、ガスが沢山出た。右足首を調整するとガス抜きになるというのがマニュアルだが、これまで効果がいまいち分からなかった。膝から下の脛部を徹底して調整すると、確かに効果がある。ただ、これはコンディションの個人差も大きいかもしれない。もっと簡単に効果のある人もいるだろう。

変形股関節症の何人かにやってみたら、かつてなく可動域が拡がるので、これには驚いた。正直、痛みを止める事は出来ても、可動域を拡げる事が難しかった。光明になれば良いが。

« 『安心』8月号 | トップページ | ゲーム・オブ・スローンズ »