« 日常 | トップページ | 指 »

2019年8月24日 (土)

活元運動

活元運動をやっていると、首の捻れの酷さを自覚する。

まず腕の動きが出て、次に首の動きが出て、だんだん腰の動きになっていく。手仕事なので、やはり腕が疲れを取る為の動きが出やすい。途中、補助的な調整を加えるのだが、眼の調整をすると動きが進展していく。これはディスプレイの見過ぎ。普段の体の使い方が出ている。

自己調整法として良い体操だが、人に教えると難しくて出来ないという声もよく耳にする。また、習った時は出来たけれど、家に帰ってやると出来ないという感想も多い。

ほとんどの場合、準備体操の不足が原因。もう準備体操が効いたのか、本番の動きが効いたのか分からないくらいに準備体操をやったら上手くいきやすい。

姿勢の注意としては、顎の位置がある。首の後ろの筋肉が緊張すると、頭も緊張して動きが出にくい。顎の位置を調整して、首の力を抜く為の工夫をすると良いかもしれない。

また、特別に捉え過ぎているのではないか、という懸念もある。音楽を聴いていたら、リズムに合わせて体を揺する事があるけれど、最初はそんな感じで良い。無意識の運動という言葉の意味を難しく考え過ぎかもしれない。

« 日常 | トップページ | 指 »